やっぱり気になるロスミンローヤル

どうしても、しみ、シワに効くロスミンローヤルって気になります。

でも、「ロスミンローヤルはネットでしか売ってない」って記事を読みました。

そんな商品ってあるのでしょうか?

怪しいですよね。

それって、お金振り込んだら、商品が届かないとか、そういうのじゃないわよね!

それとも、私が時代遅れなのかな~?

とりあえず、街にあるマツキヨ、ツルハなどを調査してきます。

結果は後程、報告します!

では、

美白にうるさいのは日本人だけ?

実は私、夫の仕事の都合で、10年ぐらい海外に住んでいたのですが、

美白って言葉はありませんでした。

それよりも、みんなバケーションをとり、ビーチなどに行き、

日焼けをしながら、ゆっくり時間そ過ごすということが当たり前のようでした。

こんがり焼いて健康!という感じです。

で、美白、美白って騒いでいるのって日本人だけなのかな~?

と疑問が湧いてきました。

あれ、私を含めた日本人は化粧品会社におどらされているのかな?

 

私の深いほうれい線って治るの?

 今日の記事は、ほうれい線について調べてみました。
私のほうれい線は、修復可能?
では、調査開始!

ほうれい線の種類は2つ!

○ 深いほうれい線

○ 浅いほうれい線

私のほうれい線、意外に深いんです。

ま、40歳も過ぎれば当たり前かもしれませんよね。

でも先日、夫が「なんか最近ほうれい線濃くない?」って・・・

失礼しちゃうよね、本当に!

ちょっと頭にきたのですが、それ以来、気になり始めました。

確かに、私のほうれい線の溝が深いんです。

で、深いほうれい線って何?

 深いほうれい線の正体とは?
 深いほうれい線の正体は、皮膚の衰えによって起こる肌のたるみのことです。
皮膚の中にあるコラーゲンやエラスチン線維がUVの影響でなどで老化します。
それに加えて、
肌をサポートする表情筋の悪化により、ハリを無くした皮膚が重力と共に落ちてしまったのが深いほうれい線です。

皮膚のたるみが原因のほうれい線を取り除くことはとても難しいみたいです。

もっと酷くさせないようにさせないためには、コラーゲンの製造を促進するために栄養バランス取れた食生活や質の高い深い眠りを意識する

  • 栄養バランスの取れた食生活
  • 質の高い眠り
  • リンパマッサージ

等が有効のようです。

どうしても取りたいという方は、

クリニックでヒアルロン注射やレーザー治療してもらうという選択もあるようです。


自分で調べていて、今回かなり落ち込みました。

結局、サプリじゃ深いほうれい線は治せないじゃん!

私にできるのは、食生活の改善と深い質の良い睡眠ぐらいね・・・

美白を妨げるものとは?

最近、美白をする年齢になり、いろいろと調べています。

まとめて少しずつ紹介していきます。

で、今回分かったことは。

美白を妨げるもの2つ!

それは、私が大好きなアルコールとカフェインでした。

とことん、アンチ美白なことをやってきたことが判明!

ショックです。

  1. アルコール
    ● 肌のコラーゲンを分解しシミを増やす
    ● アルコールを分解するときに出る成分がメラニンを増殖させる
  2. カフェイン
    ● コーヒー
    ● お茶
    ● コーラなど

 

アル中ではありませんが、仕事のあとのビール1杯ぐらいは・・・

私の場合、問題はカフェインです。

実は、ブラックコーヒーが大好き!

1日20杯?もっと飲んでいるかも・・・

とりあえず、明日から1日10杯までにします。

私のシミ、肝斑かも?

画像ほど私若くないですが・・・

シミがある場所がそっくりなんです。

私のシミは肝斑かもしれないことに気づきました。

ガーン!

【肝斑の特徴】

  • 両サイド対称に同じぐらいの形、同じぐらいのサイズ
  • ほほ骨周辺に発生し。
  • 割と大きな範囲に輪郭が不明瞭な形でボヤっと出てくる
  • おでこや口周りにも出てくるケースがある。
  • 目の周辺にはできない。

この特性ほぼすべて満たしています・・・

ショック!

肝斑って治りにくいらしいし、

どうしよう。

 

 

 

Lシステインを含んだ美白サプリはある?

Lシステインを含むサプリを探していたら・・・ありました!

「ハイチオールC」

これ有名ですよね。名前だけは知っていました。

これが、美白のサプリだとは知りませんでしたが・・・ 😳

他にも、

  • ロスミンローヤル
  • ホワイピュア
  • キミエホワイトプラス
  • ミルセリンホワイト
  • トランシーノホワイトC

まだまだありました。

で、何が違うのかよくわからないのですが、

大体、一瓶2000円~3000円ぐらいしていました。

で、いろいろなサイトを調べていたら、

ロスミンローヤルが一番美白に効くと言ってる方が多かったです。

確かに、Lシステインが入っていました。

でも、ロスミンローヤルを飲むと副作用で太るっていうサイトを見つけて

しまって、どの情報を信用していいのか困っています・・・

今、私の母はトランシーノホワイトCを飲んでいるみたいなんですが、

今度は何にしようかな~?なんて言っていました。

ま、母は色んな美白を飲んで楽しんでいるみたいです。

 

 

美白に効く成分Lシステインとは?

最近、美白の事について調べていたら、美白にはLシステインがいいという情報が

本やネットにあったので、Lシステインをいろいろと調べてみました。

Lシステインはたくさんあるアミノ酸の中一つだそうです。

そのLシステインというアミノ酸成分は、肌の美白に効くことが

分かっているようです。

シミの原因であるメラニンを肌表面で遮断し、肌に透明感を与えます。

Lシステインに含まれる硫黄により、デトックス効果を加速させ、

肌のターンオーバーが活性化するようです。

シワ、シミにいいとされているビタミンC誘導体とは?

ビタミンC誘導体はお肌にいいことは知っていたのですが、

一体何なのという疑問がわいてきたので調べてみました。

ビタミンCは「ニキビ、シワ、シミ」などのお肌のトラブルに効く成分です。

でも、お水に溶けたり、すぐに酸化し効き目がなくなるのが欠点だったようです。

また、お肌に対しての吸収性が小さく、お化粧品へ混ぜるのが困難という問題もあり、あまり使われることがなかったようです。

そこで、

ビタミンCを人工的に改善し、酸化しづらいように変化させ、

化粧に含有させることが可能になった成分がビタミンC誘導体

ということがわかりました。

そして、ビタミンC誘導体は、お肌に浸透しやすく、

浸透後にビタミンCに変化する特性を持っているスーパー成分です。

今回は、ビタミンC誘導体について調査をしましたが、

また、いろいろと疑問に思ったことを記事にしていこうと思います。

 

43歳になり、シミ&シワと戦う心の準備ができました。

まずは、リサーチが大事ですよね!

ということで、買い物ついでに、

近所のマツキヨに行ってきました。

気になったのがこの商品、『メラノCC』

わたし黄色が好きで、迷ったら黄色の商品を手に取っちゃうんです。

説明書きを読んだら、

紫外線を浴びた後でも、美白有効成分が角質層まで浸透し、

メラニンの生成を抑える。

結果として、しみ、そばかすを防ぎぐ

成分は、ビタミンC誘導体、アルピニアホワイト、などなど

最後に柑橘系の香って書いてありました。

やっぱり入っていました「ビタミンC誘導体」が!

大事ですよね。シミ対策初心者の私でも知っています。

で、柑橘系の香って・・・どんな香り?

まず読み方がわからない!

価格が1000円もしていたのでとりあえず、買うのは保留にしました。

家に帰り、ネットでメラノCCの口コミを調べたら、あまり良くなかったので

保留にしたのは、正解かも・・・